フヴァル島気に入った!アドリア海最高っ! | クロアチア旅行記

クロアチアの旅行記

写真

エリアクロアチア
テーマ現地情報
時期2010/5/24~2010/5/24
投稿日2010/6/16
投稿者武井 良太さん

今回のクロアチア研修でもいつものようにたくさんのホテルを視察してきたのですが
中でもフヴァル島とドブロブニクでは素敵なリゾートホテルがたくさんありました。
クロアチアというと日本ではまだまだリゾート地として馴染みが薄いのですが、アドリア海といえばヨーロッパではメジャーなリゾート地です。
地中海、エーゲ海、アドリア海、どこも特色があってどこもいいところ。
今回はアドリア海の隠れ家リゾート フヴァル島 で見つけた素敵なリゾートホテルをいくつかご紹介いたします。

フヴァル島ってこんなところ

  • 写真
  • 写真
  • 写真

【5日目16:00~6日目12:00】
ホテルの紹介の前にフヴァル島をご紹介します。フヴァル島はアドリア海のリゾートアイランドの中でもっともポピュラーな島。夏場には欧州各国からたくさんのバカンス客が訪れます。
旧市街の路地裏の軒先にはレストランやカフェがひしめいていて、裏路地散歩も楽しい街です。
写真左:夕暮れ時のカフェ
写真中:裏路地で見つけたシーフードレストラン
写真右:聖ステパノ大聖堂

フヴァル島 いろいろ

  • 写真
  • 写真
  • 写真

港を中心にしたフヴァルの街はコンパクト!でもあちこちが絵葉書になるような風景に出会えます。ヨーロッパののんびりとしたリゾート地は流れている時間もゆったりしています。
写真左:普通の家の軒先がなんかオシャレ
写真中:フェリー乗り場
写真右:コンパクトな街並みだからつかんでみました?

Amfora Hotel

  • 写真
  • 写真
  • 写真

今回2泊したフヴァル島で宿泊したのはAmfora Hotelです。フヴァル島で最大規模のリゾートホテルです。フヴァル島で唯一プライベートビーチを擁するホテルです。
客室からはアドリア海が一望でき、朝夕はなんともいえぬ眺めです。私は大型ホテル結構好きなので、とても快適でした。マウイ島のグランドワイレアみたいといえばわかる方にはわかって頂けるかも知れません。
写真左:ホテル外観
写真中:ホテルのサンデッキバー
写真右:スタイリッシュなデザインの客室

Adriana Hvar Marina Hotel&Spa

  • 写真
  • 写真
  • 写真

フヴァルマリーナの目の前にあるAdriana Hvar Marina Hotel&Spa はAmfora Hotelと同系列のリゾートホテルです。
ホテルの最上階にはフヴァルマリーナを一望できるバーがあり、夜にはロマンチックな雰囲気が漂います。
写真左:ホテル外観
写真中:スタイリッシュなホテルのバー
写真右:ホテルテラスからの眺め

Palace Hotel Hvar

  • 写真
  • 写真
  • 写真

フヴァルタウンのど真ん中にある市庁舎に隣接する歴史あるホテル。シーズン中は予約が非常に取りにくいことで有名!。新旧のテイストが織り交ざった素敵なホテルです。
写真左:旧市街のど真ん中
写真中:スタイリッシュなホテルロビー
写真右:中世の建物に宿泊しているよう

Riva Hvar yacht harbour hotel

  • 写真
  • 写真
  • 写真

フヴァルのフェリー乗り場真正面にある真新しいデザイナーズホテル。
実はAmfora Hotel , Adriana Hvar Marina Hotel&Spa ,Riva Hvar yacht harbour hotelの3ホテルは同じホテルチェーンなので、アメニティやら部屋の細部にわたるデザインなどが統一されております。どのホテルもオシャレで機能的です。
写真左:なんと浴室と部屋はガラスでの仕切りのみ!!
写真中:マリリンモンローのほかにジェームスディーンの部屋や他の俳優も・・・
写真右:ホテル前のオープンエアレストラン

最後の目的地ドブロブニクへ

  • 写真
  • 写真
  • 写真

【6日目 15:00】
フヴァル島での視察を終えた私達の最終目的地はクロアチア観光のハイライト!世界遺産都市【ドブロブニク】です! フヴァル島のスタリーグラードからドブロブニクまでは週に2便直行のフェリーもあるのですが、今回はアドリア海アイランドホッピングルートで行きました。
フヴァルタウン(フェリー)⇒コルチュラ島ヴェラ・ルカ⇒コルチュラ島内陸路移動⇒コルチュラ(フェリー)⇒オレビッチ車に乗り換えて⇒ストン⇒ドブロブニク という乗り換え盛りだくさんのルートです。
フヴァルタウン⇒スプリットとフェリーで行き、スプリット⇒ドブロブニク間を路線バスというルートもあります。
【6日目 20:00】
途中コルチュラ島は観光する暇もなく 横断通過 しただけで観光は一切できませんでしたが、フヴァル島に次ぐアドリア海のリゾートアイランドなのです。ってなにも情報もなく・・・・・
そんなこんなでフヴァル島を出港して5時間!夕暮れ時のドブロブニクにようやく到着です。
写真左:自慢げですが無論私のクルーザーではありません
写真中:ヴェラ・ルカ行きの高速カタマラン
写真右:夕暮れ時のドブロブニク(スルジ山中腹より)

こんな日程でした

  • 写真
  • 写真
  • 写真

ザグレブからスタートしたクロアチア大周遊旅行もドブロブニクに到着し、ゴールと相成りました。こんな行程で視察してまいりました~!6日目にはスロベニアからドブロブニクを目指してきた別動班のスタッフと合流!!
【1日目】 
ザグレブ泊
【2日目】
午前:ザグレブ市内視察 午後プリトヴィッツェ国立公園視察&公園内宿泊
【3日目】
午前:プリトヴィッツェ発 ザダル⇒シベニク⇒スプリットへ移動 スプリット泊
【4日目】
午前:スプリット市内視察 午後スプリット⇒フヴァル島  フヴァル島泊
【5日目】
午前:フヴァル島⇒青の洞窟⇒ヴィス島 午後:フヴァル島内視察 フヴァル島泊
【6日目】
午前:フヴァル島視察 午後:フヴァル島⇒コルチュラ島⇒ストン⇒ドブロブニク泊
【7日目】
終日:ドブロブニク ホテル視察及び旧市街視察
【8日目】
ドブロブニク発帰路へ
写真左:ザグレブ聖母被昇天大聖堂を望む
写真中:プリトヴィッツェ滝をバックに
写真右:ドブロブニクスルジ山頂で合流したスタッフと

奥が深いぞクロアチア

  • 写真
  • 写真
  • 写真

クロアチアって行ってみるまではドブロブニク観光が全て!というイメージでした。
ところがどっこい、国内あちこちにすばらしい観光地がたくさんある、観光大国だっていうことが改めてわかりました。

イストラ半島に点在する優雅なリゾート地、アドリア海に浮かぶ風光明媚な島々、見どころ満載の世界遺産、絶品グルメ、中世にタイムスリップしたような旧市街・・・・
切り口をあげたらきりがありません。ヨーロッパはおなか一杯になるほど訪れていますが、久々に感動した旅行となりました。

折角クロアチアに行くなら駆け足の団体旅行ではもったいないです!研修済みのスタッフが決め細やかなプランニングをお手伝いさせて頂きますので是非ともSTWへ御問合せ下さい!

http://stworld.jp/earth_info/HR/?utm_source=stw&utm_medium=flash&utm_campaign=top

ページトップへ